一般的に、転職というのは、より良い条件を目指して行うものです。
そして、より良い条件の中には、給料が挙げられます。
より多くの給料を貰うためには、大手企業へ移ったり、大病院へ移ったり・・・
というのが、簡単に想像できますよね。

そんな感じで、いろんなメリットのある転職ですが、
薬剤師にとって、転職による、こんなメリットもあります。
こんなメリットを求めて転職をする人もいるんです。


中小薬局には大手にないメリットがあります。
これらのメリットを知った上で、大手薬局チェーンか中小薬局かを選ぶ必要があります。

以下に、中小薬局のメリットとデメリットを紹介します。

中小薬局のメリット
・異動がほとんどない
もしあなたが地元での就職を希望するのであれば、間違いなく中小薬局を選ぶのが望ましいです。
大手では普通に全国転勤があります。

たとえUターンで地元に戻ろうとしても、大手薬局チェーンに就職したために
他の県に異動させられたのでは何のために転職したのか分かりません。

それに比べ、中小薬局ではある地域にまとまって出店しています。
出店しているエリア内での異動はあるかもしれませんが、実際のところほとんどありません。

予期せぬ住み慣れた場所からの転勤がないため、これが中小薬局の大きなメリットとなります。


・残業が少ない
大手薬局チェーンの場合、患者さんが来なくなって店を閉めた後にも提出物などの書類が残っています。

残薬管理や投薬のスピードも求められますが、中小薬局ではこれらがほとんどありません。
そのため、大手に比べて残業が少ないです。

そのため、余裕をもって勤務することができます。


・役割が大きいため、やりがいがある
中小薬局ではあなたの裁量によるものが大きくなるます。つまり、与えられる役割が大きくなるのです。

そのため、機械的な作業ではなくて、その分だけやりがいを持って仕事に取り組むことができます。


・給与条件が良い
大手薬局チェーンでは多くの薬剤師が在籍しており、悪く言えば変えがききます。
しかし、中小薬局ではそう言う訳にはいきません。

そのせいもあってか、中小薬局は大手薬局チェーンに比べて給与条件が良いです。
特に、地方に行けば行くほど、会社の規模が小さいほど待遇や条件が良いです。

これも、中小薬局の大きなメリットとなります。


・社長との距離が近い
中小薬局では「社長の下に各店舗の管理薬剤師」という事が多いです。
そのため社長との距離が近く、社長の考えや人柄、自分の意見などがスムーズに伝わります。

大手薬局チェーンでは「自分の思いを社長に伝える」という事はなかなか難しいですが、
中小薬局ではこれら可能です。