薬剤師には薬剤師にしか出来ない仕事があります。
が、職場によっては、雑務から専門的な業務まで様々なことをこなす必要のある職場もあります。
その一つがドラッグストアです。

さて、ドラッグストアで薬剤師にしか出来ない仕事は、どんなことがあるのでしょうか?

ドラッグストアで薬剤師だけが出来る仕事は、2つあります。
それが、

 ・OTC(第一類)の販売
 ・調剤業務(調剤併設型ドラッグストアの場合)

です。
それぞれ具体的にどういうことかというと・・・

●OTC(第一類)の販売
登録販売者の資格があれば販売ができる第二類・第三類の一般医薬品とは異なり、
第一類のOTCについては薬剤師資格がなければ販売することができません。

これはいわゆる「スイッチOTC」と呼ばれる医薬品で、
例えば胃薬の「ガスター10」や鎮痛・解熱剤の「ロキソニン」、
育毛剤の「リアップ」などがこれに該当します。

これらの薬品は、薬剤師資格を保有していないのに販売をすると法律で罰せられてしまいますが、
第一類のOTCはOTC売上ランキングの中でも上位を占めることがほとんどです。

つまり、スイッチOTCはドラッグストアの売上を支える大事な商品群であり、
その販売のためには薬剤師が必要だからこそ、ドラッグストアは薬剤師の確保に熱心になっている、
ということです。

ドラッグストアの中で第一類のOTCを販売できるのは薬剤師だけなので、
これらの医薬品に関する相談や服薬指導などは、一手に引きつけることになります。
薬剤師としての専門性がもっとも発揮される機会でもあり、
お客様とコミュニケーションをとりながら最適な医薬品を進めていきながら、
効果があれば喜びの声を伝えてくれることもあるので、とてもやりがいがある仕事だと言えます。



●調剤業務(調剤併設型ドラッグストアの場合)
最近では、ドラッグストア業界の競争激化に伴う業態の多様化が影響して、
調剤併設型のドラッグストアも増えてきています。

調剤併設型のドラッグストアにおいては、当然ながら調剤業務に従事できるのは
薬剤師資格保有者だけですので、通常の店舗運営に加えて処方箋受付、
調剤業務、服薬指導、薬歴管理などの調剤薬局業務も担うことになります。